おすすめ記事活動開始はお早めに

特集記事

  • 「辞めたい!でも人手不足……」 「辞めたい!でも人手不足……」

    介護の仕事を辞めるに辞められない理由に人材不足が関係しています。自分が辞めたら他のスタッフに迷惑がかかる、必要以上の引き留めがある等、現実に辞めようとしても悩む場面は多いのです。

  • 「何歳まで続けられるか不安」 「何歳まで続けられるか不安」

    介護の仕事は何歳まで続けられるか、体力的にも気力的にもつらい仕事とわかっている介護職の方が不安になる部分です。60歳の定年まで続けている方もいらっしいますが、長く続けるには工夫が必要なようです。

  • 他業種への検討も 他業種への検討も

    介護の仕事をしていて、他業種へ転職をと考えても、介護職は潰しがきかないと諦めがちですが、実は他業種では介護士の方を意外と求めているようです。その理由は何処にあるのでしょうか。

訪問介護の問題点

LINEで送る

訪問介護事業所の問題点

最近の訪問介護の抱える問題点は、様々なものがあります。介護にあたって体力、気力が続かない、利用者様とのコミュニケーションが難しそう等、人それぞれが感じる事があると思います。ここでは介護事業所が抱える問題も含み書いています。
訪問介護士は、介護従事者全体の中で2割程度しかいないのが現状です。その為、慢性化した人材不足が一番の問題となっていると言っても良いでしょう。その理由は、女性の介護士の場合、肉体的、精神的に重労働と感じてしまい、1年以内で辞めて行く人が多いからです。また、介護技術のばらつきも問題の一つです。
一方で訪問介護のニーズはどんどん高まっていて、利用者様のニーズは多様化し、同じ時間帯に利用者様が集中してしまうという問題もあります。現在、訪問介護を実施する介護事業所は、多くの登録スタッフ(非常勤スタッフ)をおいて、固定費のリスクを最小限にとどめる工夫をしていますが、その結果として、介護スタッフの労働時間と給与が安定しないという大きな問題を抱えています。

訪問介護の問題点

問題点がメリットになるケースも

この様に、訪問介護の現状は問題が多いと感じるところですが、その一方では、施設介護より介護がしやすいと感じる介護士もいます。または、自分の時間を作り易い、時間拘束が短い等、家庭を持つ女性介護士には訪問介護の方がむしろ都合が良い事もあります。しかしながら、時間拘束が短いと言う事は収入面にも直結しますので給与は決して高くはなりません。ただ、これは介護に限った話ではありません。他業種でも正社員かパートか、自分の生活に合せて働く事と同様な気がします。

推奨動作環境について

当ウェブサイトは下記の環境で動作させることを推奨しています。下記以外の場合、ページがうまく表示されないことがあります。
■対応ブラウザ
Internet Explorer 8以上、firefox 3以上、Opera10以上、Safari5以上、GoogleChrome7以上、携帯電話のWebブラウザスマートフォンのWebブラウザ(携帯電話・スマートフォンは、利用するアプリによってページがうまく表示されない場合があります。)

リンクサイトについて

当ウェブサイトから、もしくは当ウェブサイトへリンクを張っている第三者のウェブサイト(以下「リンクサイト」といいます)の内容は、それぞれ各社の責任で管理されるものであり、当サイトの管理下にあるものではありません。リンクサイトは、各々のリンクサイトの掲げる使用条件に従ってご利用ください。リンクサイトの内容について、また、それらをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いかねます。

当ウェブサイトへのお問い合わせは、depressionofhh@yahoo.co.jp までお願いいたします。

まずはコレ!

訪問介護って?
仕事内容を見てみよう

訪問介護士の仕事は施設介護と違い、利用者様の自宅で介護をします。その内容は身体介助と生活介助がメインとなりますが、利用者様によっては楽に介護が出来たり、自分の空き時間に仕事が出来たりもします。続きを読む

ページトップ