おすすめ記事活動開始はお早めに

特集記事

  • 「辞めたい!でも人手不足……」 「辞めたい!でも人手不足……」

    介護の仕事を辞めるに辞められない理由に人材不足が関係しています。自分が辞めたら他のスタッフに迷惑がかかる、必要以上の引き留めがある等、現実に辞めようとしても悩む場面は多いのです。

  • 「何歳まで続けられるか不安」 「何歳まで続けられるか不安」

    介護の仕事は何歳まで続けられるか、体力的にも気力的にもつらい仕事とわかっている介護職の方が不安になる部分です。60歳の定年まで続けている方もいらっしいますが、長く続けるには工夫が必要なようです。

  • 他業種への検討も 他業種への検討も

    介護の仕事をしていて、他業種へ転職をと考えても、介護職は潰しがきかないと諦めがちですが、実は他業種では介護士の方を意外と求めているようです。その理由は何処にあるのでしょうか。

訪問介護士の憂鬱

介護の仕事は全般にきつい仕事と言われます。実際に気力体力を使いますし、問題点も多い職業ではあります。人の入れ替わりも激しいため、定着するスタッフも少ないのが現状です。また、収入が不安定で生活の安定が図れないと諦めてしまう同僚もいます。確かに問題点だけを見ると憂鬱になる訪問介護士ですが、喜びが無い訳ではありません。感謝される事も多いのです。

  • 訪問介護の問題点

    訪問介護の問題点

    訪問介護においての問題は人材不足にあります。訪問介護の需要や多様化したニーズは増すばかりですが、人材がいない事で一人当たりの負担も増えますし、利用者様の都合で仕事の有無が決まる等、施設介護には無い問題もあります。また、非常勤の登録スタッフが多いことから、仕事での悩みを事業所や他スタッフと共有しにくい部分もあり、利用者様とのコミュニケーション不足やそれに起因する問題などを一人で抱え込んでしまい、その結果辞めていく女性訪問介護士が多いのも大きな問題と言えます。

  • 訪問介護って?

    訪問介護って?

    訪問介護とは施設介護とは違い、利用者様の自宅での生活介助や身体介助を行います。また、施設介護で働くのは必ずしも有資格者じゃなくても良い半面、訪問介護は有資格者に限られています。利用者様の自宅で介護を実施する上で、身体介助は施設介護より少なく生活介助が主な仕事となります。例えば、利用者様の買い物介助や食事介助等、身体介助はトイレ介助や入浴介助もありますが、全く身体が動かない方の介助はあまりありませんので、楽な面も多々あるのが特徴です。

  • 現役訪問介護士さんの体験談

    現役訪問介護士さんの体験談

    訪問介護士は特に女性であると様々な問題と遭遇したりします。例えば、訪問介護中に突然利用者様の意識が無くなり、病院へ緊急搬送したり、男性の利用者様からのセクハラを受けたりと、後々笑いながら話せる事もありますが、現場は常に問題の連続だったりします。介護は高齢者の利用者様ばかりですので、人命を預かる医療職同様、緊張感も高くなる事もありますし、嫌気がさす事も多いのが現状です。しかし、感謝される事も多々あり、それがやりがいに繋がっているのも事実です。

  • 転職を考えているあなたへ

    転職を考えているあなたへ

    介護職は離職率の高い仕事です。体力気力が限界になると皆、転職を考えますが、他の職業同様、隣の芝は青く見える事もあります。転職も、女性訪問介護士なら、結婚、出産を機に余儀なくされる方や、更なるキャリア向上の為の転職もあります。いずれにしても、転職を成功させる為には事前準備が必要です。最近では、転職支援サービスを使って、効率良く転職をされる方が多くなりました。無料で転職までのサポートが受けられる為、転職する際にかける時間が無い方でも良い就職先が見つかるようです。

  • 新人さん向けの要チェック記事

    新人さん向けの要チェック記事

    これから訪問介護を目指す新人女性介護士に、訪問介護での問題点や仕事内容を知って貰い、そのうえで訪問介護士として頑張って貰いたいというのが先輩からのアドバイスです。訪問介護は施設介護より楽な一面はありますが、介護ならではの問題は日々起こります。新人と言っても問題が起きた時、へこたれる事なく、強い精神力を持って訪問介護士のキャリアを積んでいって欲しいです。ここでは、様々な問題点やその対処方を紹介していますので参考にしていただいて、これからの訪問介護の仕事を頑張ってください。

まずはコレ!

訪問介護って?
仕事内容を見てみよう

訪問介護士の仕事は施設介護と違い、利用者様の自宅で介護をします。その内容は身体介助と生活介助がメインとなりますが、利用者様によっては楽に介護が出来たり、自分の空き時間に仕事が出来たりもします。続きを読む

ページトップ