おすすめ記事活動開始はお早めに

特集記事

  • 「辞めたい!でも人手不足……」 「辞めたい!でも人手不足……」

    介護の仕事を辞めるに辞められない理由に人材不足が関係しています。自分が辞めたら他のスタッフに迷惑がかかる、必要以上の引き留めがある等、現実に辞めようとしても悩む場面は多いのです。

  • 「何歳まで続けられるか不安」 「何歳まで続けられるか不安」

    介護の仕事は何歳まで続けられるか、体力的にも気力的にもつらい仕事とわかっている介護職の方が不安になる部分です。60歳の定年まで続けている方もいらっしいますが、長く続けるには工夫が必要なようです。

  • 他業種への検討も 他業種への検討も

    介護の仕事をしていて、他業種へ転職をと考えても、介護職は潰しがきかないと諦めがちですが、実は他業種では介護士の方を意外と求めているようです。その理由は何処にあるのでしょうか。

LINEで送る

タイミングは在職中に作り出す

女性訪問介護士である私も幾度となく、介護の仕事を辞めたいと思った事があります。しかし、毎回タイミングを逃してしまい、結局はいまだ訪問介護士で働いています。そこで、転職を真剣に考えた時の転職準備開始のタイミングはどこだろう?と考えてみました。
何度考えてみても、今の事業所で訪問介護士の仕事が出来ない、介護の世界から離れて仕事をしたいと思った瞬間からタイミングを図るのが正解だと思います。思い立ったら吉日では無いですが、転職を考えた時はとりあえず、求人サイトを見てみる、登録してみる、求人情報誌を買って見てみる等、在職中に出来る事をやりましょう。ギリギリまで今の職場で我慢をし、耐えきれなくて退職したのでは、良い職に廻り会うまで数カ月も無職になるリスクが高まりますし、お一人で生活されている方は無収入で何カ月も過ごす訳にはいかないですよね。
ですので、常に求人情報をチェックしておき、希望通りの事業所、職種が見つかったら迷いなく応募して、転職開始のタイミングを自分で作り出しましょう。この行動に移せるかどうかが鍵ですね。

活動開始はお早めに

退職願いを出してから準備を

まず、退職願いを出した後に転職準備を始めるのもメリットがあります。円満退職を望むなら退職願いを出した後の方が誰に気兼ねする事なく転職準備を開始できます。また、転職希望先に面接に行った際、退職日が明確であれば転職先は採用しやすいですね。退職願は辞める一カ月前に出すのが一般的ですが、その勤務先によってはニカ月前の規約があったりもしますので確認しておきたい部分です。
しかし、退職まで一カ月になると良い職を探すにも時間が短くなります。ですので、退職願いを出してから転職探しをするのは、比較的時間に融通のきく方の方が適していると思います。空いた時間で面接もでき、転職準備がしやすいです。

在職中は他言しない

退職日が決まった方なら良いですが、在職中に着々と準備を進める方は、転職準備をしている事を同僚、関係者に話さない方が得策です。人の口を止める事は出来ませんので、大丈夫だろうと話した事で上司に話が回り、人材不足の介護職ですから当然のように引き止めに入って来るでしょう。現に転職を考えていると口を滑らした途端に、上司からの幾度とない引き止めに心を許してしまい、結局転職しなかった方もいます。本気で転職を願うのであれば、まずは他言は無用で準備を開始しなくてはいけないですね。

まずはコレ!

訪問介護って?
仕事内容を見てみよう

訪問介護士の仕事は施設介護と違い、利用者様の自宅で介護をします。その内容は身体介助と生活介助がメインとなりますが、利用者様によっては楽に介護が出来たり、自分の空き時間に仕事が出来たりもします。続きを読む

ページトップ