おすすめ記事活動開始はお早めに

特集記事

  • 「辞めたい!でも人手不足……」 「辞めたい!でも人手不足……」

    介護の仕事を辞めるに辞められない理由に人材不足が関係しています。自分が辞めたら他のスタッフに迷惑がかかる、必要以上の引き留めがある等、現実に辞めようとしても悩む場面は多いのです。

  • 「何歳まで続けられるか不安」 「何歳まで続けられるか不安」

    介護の仕事は何歳まで続けられるか、体力的にも気力的にもつらい仕事とわかっている介護職の方が不安になる部分です。60歳の定年まで続けている方もいらっしいますが、長く続けるには工夫が必要なようです。

  • 他業種への検討も 他業種への検討も

    介護の仕事をしていて、他業種へ転職をと考えても、介護職は潰しがきかないと諦めがちですが、実は他業種では介護士の方を意外と求めているようです。その理由は何処にあるのでしょうか。

categoryID

訪問介護って?

訪問介護士と施設介護士の違いは、訪問介護士が資格保有者しか就けない仕事であるということ、介護の仕事を利用者様の自宅で行うという点になります。そして、介護の内容も、身体介護が多くなる施設介護とは若干違い、生活介助が多いのも特徴です。しかし、トイレ介助や入浴介助はありますので、体力を使う事には変わりありません。また、自宅介護ならではの問題もあり、介護する上で大変なのは変わらないかも知れません。訪問介護は一人で行う事も多く、利用者様の有無で仕事が増えたり減ったりします。

仕事内容を見てみよう

続きを読む

仕事内容を見てみよう訪問介護士の仕事は、直接、利用者様の自宅へ伺い、生活介助が多いのが特徴です。生活介助とは、利用者様の買い物の手伝い、食事の手伝い等、利用者様の普段の生活の助けをする事です。身体介助では、トイレ介助や入浴介助がありますが、基本、身体が動く方が多いので、全ての手助けをする必要が無い事が多いのです。こう話すと一見楽なイメージを持ちますが、これは利用者様によって違いますので、手間をかけなければいけない利用者様の担当が多いと大変になる事は変わりません。

良いところと悪いところ

続きを読む

良いところと悪いところ訪問介護士の良い部分は、自分の時間を作りやすいところです。仕事は訪問介護の依頼の有無で変わってきますが、登録スタッフで働くと依頼が無い時は全て自分の時間となります。しかし、この部分が悪い部分にも繋がり、仕事が入ってこないと収入に直結してしまい、毎月給与に差が出てしまう事は多々あります。また、楽な利用者様に当たると良いですが、手間をかけなければいけない利用者様が多いと結局仕事は過酷になってくるのも事実です。しかし、その善し悪しは自分で決める他ないようです。

家政婦さんとの違いは?

続きを読む

家政婦さんとの違いは?生活介助が主な女性訪問介護士は良く、家政婦との違いを聞かれます。女性訪問介護士と家政婦の違いは仕事の対象者です。訪問介護士はあくまでも介護の一環として、介護保険内で限られた中で生活介助を行う仕事であり、介護のプロとして働きます。その逆に、家政婦は家事サービスのプロとして、利用者様の要望全てに応え、依頼された事をこなします。ですので、訪問介護士は利用者様だけの介助をしますが、家政婦はその家の家族全ての手伝いをする事が大きな違いと言えます。

まずはコレ!

訪問介護って?
仕事内容を見てみよう

訪問介護士の仕事は施設介護と違い、利用者様の自宅で介護をします。その内容は身体介助と生活介助がメインとなりますが、利用者様によっては楽に介護が出来たり、自分の空き時間に仕事が出来たりもします。続きを読む

ページトップ